FC2ブログ

Other Language Translation

プロフィール

空美真kumima

Author:空美真kumima
メッセンジャー&ネイティブ・アメリカン・インディアンフルート奏者。
REIKIとアロマテラピーを融合した、独自のヒーリング方を開発中。

カテゴリ

FC2ブログランキング

読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しているので、クリックしてくださいますか?

FC2Blog Ranking

ランクが上がると読む人が増え、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わるから。

最新記事

このブログ内を検索

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新コメント

最新トラックバック

★メッセージ・ポスト★

ご感想・ご質問はこちらへどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

広告・スパムメールはお断り致します

ブロとも申請フォーム

リンク

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひび割れ壺のお話


「ひび割れ壷のお話」(作者不明)

インドのある水汲み人足は二つの壷を持っていました。
天秤棒の端にそれぞれの壷を下げ、首の後ろで天秤棒を左右にかけて、彼は水を運びます。
その壷の一つにはひびが入っています。
もう一つの完璧な壷が、小川からご主人様の家まで一滴の水もこぼさないのにひび割れ壷は
人足が水をいっぱい入れてくれても、ご主人様の家に着く頃は半分になっているのです。

完璧な壷は、いつも自分を誇りに思っていました。
何故なら、彼が作られたその本来の目的を、彼は常に達成する事が出来たからです。
そして一方、ひび割れ壷はいつも自分を恥じていました。
何故なら、彼は半分しか達成する事が出来なかったからです。

二年が過ぎ、すっかり惨めになっていたひび割れ壷は、
ある日、川のほとりで水汲み人足に話しかけました。
「私は自分が恥ずかしい。そして、あなたにすまないと思っている。」
「何故そんな風に思うの?」水汲み人足は言いました。
「何を恥じてるの?」
「この二年間、私はこのひびのせいで、あなたのご主人様の家まで、水を半分しか運べなかった。
水が漏れてしまうから、あなたがどんなに努力をしても、その努力が報われることがない。
私はそれが辛いんだ。」壷は言いました。

水汲み人足は、ひび割れ壷を気の毒に思い、そして言いました。
「これからご主人様の家に帰る途中、道端に咲いてるきれいな花を見てごらん。」
天秤棒にぶら下げられて丘を登っていく時、
ひび割れ壷はお日様に照らされ美しく咲き誇る道端の花に気付きました。
花は本当に美しく、壷はちょっと元気になった気がしましたが、
ご主人様の家につく頃には、また水を半分漏らしてしまった自分を恥じて、水汲み人足に謝りました。

すると彼は言ったのです。
「道端の花に気付いたかい?花が君の側にしか咲いていないのに気付いたかい。
僕は君から零れ落ちる水に気付いて、君が通る側に花の種をまいたんだ。
そして君は毎日、僕らが小川から帰る時に水をまいてくれた。この花は君が咲かせたんだよ。
この二年間、僕はご主人様の食卓に花を欠かした事がない。
君があるがままの君じゃなかったら、ご主人様はこの美しさで家を飾ることは出来なかったんだよ。」
ひび割れた壷は泣きだしました。その涙の雫が落ちた地面から、今また新しい芽が生まれようとしています。



‘’君の個性に胸を張れ!
足りないことを嘆くより あるがままで歩いていこう
君がもし あるがままの君じゃなかったら
この道をこの花の美しさで彩ることは出来なかったんだよ‘’






生きて 活かせ
活かされて 生きろ

・・愛は振り絞って与えようとするものじゃなくて
気付いたら自分やまわりを優しく包み込んでいるような
もっとシンプルで
自然なものなんだよね。


ひび割れ壺




スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。